ママのホットケーキ

きょうは、お父さんぞうと、 こどもの ぞう くん が、 一緒にお風呂に入ります。 ぞう くん は、 これから大好きな お風呂に入るんだぞう と 言って おおよろこびです。 お風呂に入った ぞう くん は、 ちかごろひとりでできるようになった シャンプーを始めました。 ぞう くんは一生懸命、 シャンプーの泡をたてながら洗っています。 シャンプーの泡がいっぱいで 目があけられません。 そこでお父さんゾウが、 つぎはリンスだぞう。 と 言いました。 ぞう くん は、 はーい。 と 元気よく返事をしました。 お父さんゾウは 泡だらけになったぞう くん を お湯で流してあげました。 みるみる 泡が流れて行き、 ぞう くん の泡はすっかりなくなりました。 びしょぬれ の ぞう くん は まだ目があけられません。 ぞう くん わ目をつむったまま 手さぐりでリンスを探し始めました。 シャンプーとリンスの 置いてある場所はわかったものの、   目をつむっている ぞう くん わ どっちが リンス なのかわかりません。 あれれ。どっちかな。 と ぞう くん は困ってしまいました。 そしてついに ぞう くん わ、 目をあけてしまいました。 目をあけたとたん、 ぞう くん の目に 水滴が入ってきました。 とても 目がしみます。 お目めがいたいぞう。お目めがいたいぞう。 ぞう くん の目はとても痛そうです。 それを見ていた お父さんゾウは、 濡れてるときに 目をあけるからだゾウ。  と 注意しました。 ぞう くん は、 でも お目めをつむっていたら どっちがリンスかわからないゾウ。  と 痛い目を我慢しながら、 言いました。 そんな困っている ぞう くん に お父さんゾウは シャンプーの いれもの を見せました。  シャンプーには ギザギザ が ついてるゾウ。  と言って シャンプーの いれもの に ギザギザが ついていることを 教えてくれました。 ぞう くん はシャンプーの いれもの についている ギザギザ模様 を 見ておどろきました。 へえー。 そうしたら、 目をつむっていてもわかるゾウ。 と 言って、 ぞう くん はあることを 思いつきました。  お目めの赤い、 友達の うさぎちゃんのことです。 うさぎちゃんの 目が赤いのは、 シャンプーのときに 目を ひらいちゃっているのかな。  あした教えてあげるゾウ。 と、 ぞう くん は思いました。 そして ぞう くん はますますお風呂が 好きになりました。  おしまい。


このページをご覧になるにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。

jimukyoku@kyoyohin.org

Copyright 1999-2001 Kyoyo-Hin Foundation,All rights reserved.
本内容の文章及び図版の無断転載を禁じます。