現在位置 ホーム 展示会・イベント情報
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

展示会・イベント情報

目が見えない・見えにくい私だから考えついた“とっておきのアイディア”コンテスト(第2回)

目が見えない・見えにくい私だから考えついた”とっておきのアイディア”コンテスト 募集ポスター画像
募集テーマ
日常生活で使うもの(非日常生活で使うものも含む)
主催
社会福祉法人 日本点字図書館/公益財団法人 共用品推進機構
表彰式
平成29年11月3日 10時30分
すみだ産業会館(「サイトワールド2017」)

ごあいさつ

 この度は、「第2回 目が見えない・見えにくい私だから考えついた“とっておきのアイディア”コンテスト」に、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
 お蔭様で盲学校の部では29名、34作品、一般の部では55名、90作品の応募をいただきました。
 
 今回で2回目の開催となりますこのコンテストは、昨年度の応募と比較しますと応募総数は減ったものの、アイディアの内容は大変充実していました。そしてそれぞれのアイディアは、移動、衣服、家電製品、玩具、光学機器、書籍、情報、食品、日用品、文房具の分野に亘り、どれも今後のモノづくりに活かせそうなものばかりでした。
 
 審査は審査員会にて厳正に行い、盲学校の部、一般の部、共に以下の3つの視点から、最優秀賞(各部1名)、優秀賞(各部2名)、入賞(各部5名)を選定いたしました。

  1. 夢のあるもの(非現実的なものであるが、夢があり希望が持てるものなど)
  2. 実現可能性があるもの(現実的であり、製品化可能なもの、あるいは少しの工夫で製品化がきそうなものなど)
  3. ユニークさ(斬新さ)があるもの(アイディアの内容がユニークであり、楽しみの持てるものなど)

 今回、盲学校の部で最優秀賞に輝いたのは愛媛県立松山盲学校中学3年生の生徒の作品でした。弱視の人達のために考えた「ワールド ワイド グラス(WWG)」は、現時点での商品化は難しいかもしれませんが、そのニーズは高く、夢があり希望が持てるものでした。
 一般の部の最優秀賞は、視覚障害のある人達にとってとても便利なアイディアで、今後の技術をもってすれば実現可能なのではないかと思わせる「お醤油シートわさび味」でした。
 
 作品の選定に関わった審査員からは、「アイディアにあふれた受賞作品が多く、今年も選定することが大変だった」、「短い文章でもアピールポイントがはっきりしているものも多く読みごたえがあった」と総評がありました。
 
 また来年第3回のアイディアコンテストを開催する予定です。それまでたくさんのアイディアを温めて頂ければ幸いです。

目が見えない・見えにくい私だから考えついた“とっておきのアイディア”コンテスト事務局
社会福祉法人 日本点字図書館
公益財団法人 共用品推進機構


入選作品 盲学校の部

盲学校の部 最優秀賞 ワールドワイドグラス(WWG) イラスト

最優秀賞

ワールドワイドグラス(WWG)
宇佐亮さん
(愛媛県立松山盲学校 中学3年生)

優秀賞

アイ棒
北田佳琳さん
(東京都立久我山青光学園 視覚障害部門 中学2年生)
音声付カラオケマシーン
広瀬由花さん
(栃木県立盲学校 高校1年生)

入賞

くろちゃんテープ
塩原桃華さん
(長野県松本盲学校 小学4年生)
なんでも読み上げマウス
太田愛菜さん
(埼玉県立特別支援学校塙保己一学園 小学5年生)
自分にも周りの人にも“ぶつかっても痛くない”白杖
田中絢士さん
(兵庫県立視覚特別支援学校 中学1年生)
ガイドロボット『フレンド』
長尾悠司さん
(徳島県立徳島視覚支援学校 中学3年生)
ともだちコンパクト
三池心那さん
(宮崎県立明星視覚支援学校 小学1年生)
 

入選作品 一般の部

一般の部 最優秀賞 お醤油シートわさび味 イラスト

最優秀賞

お醤油シートわさび味
石川修さん
(神奈川県足柄上郡)

優秀賞

どっこい太郎
内田多美子さん
(東京都清瀬市)
これでキミも計量マスター!
大西浩子さん
(大阪府大阪市)

入賞

しずかなカサ
近藤貞二さん
(愛知県丹羽郡)
カビソナー君
北村洋子さん
(東京都西東京市)
映像・音声変換アプリ
橋本隆夫さん
(愛知県名古屋市)
3dものさし
五十嵐修一さん
(北海道函館市)
てのひらサイズのダンシングドール・With Dance
小池恭子さん
(愛知県名古屋市)
 

入選作品詳細と審査員講評

各入選作品の詳細と審査委員による講評については、下記のファイルにまとめました。ダウンロードしてお読みください。

 

表彰式集合写真

表彰式集合写真



目が見えない・見えにくい私だから考えついた“とっておきのアイディア”コンテスト(第1回)はこちら
本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます