現在位置 ホーム 共用品とは 操作における使いやすさ
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

操作における使いやすさ

ポイント1:片手でも使える

  • 脱着、紙切りが簡単。
    図1:配慮されたトイレットペーパーのケース
  • 横滑りしない。
    図2:底面が滑らない固定式おろし金
  • 取り外しが簡単。
    図3:弱い力で抜き差しできるケーブル

ポイント2:弱い力でも使える

  • 弱い力で物をつかめる。
    図4:掴みやすいトング・菜箸
  • 弱い力でもビンのフタを開けられる。
    図5:キャップ開封用補助器具

ポイント3:聴覚にたよらない

  • 音や声でなく振動で知らせる。
    図6:振動型のお知らせ装置

ポイント4:視覚にたよらない

  • 操作方法を案内する。文章を読み上げる。
    図7:音声ガイド付きOA機器
  • 音声ガイドで簡単に設定ができる。
    図8:音声ガイド付き録画・録音装置
  • 声で操作するリモコン。
    図9:音声認識型コントローラー

ポイント5:細かい操作がいらない

  • 目盛りを見なくても計れる。
    図10:決まった分量ごとの計量カップ
  • 簡単にはさむことができる。
    図11:差し込むだけのペーパークリップ
  • 簡単にセットできる。
    図12:アラーム設定の簡単な目覚まし時計

ポイント6:自動化されている

  • 暗くなるとライトが点灯する。
    図13:安全照明装置
  • 全自動洗濯機。
    図14:全自動洗濯機

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます