現在位置 ホーム 共用品とは 操作におけるわかりやすい表示
本文ここから

操作におけるわかりやすい表示

ポイント1:見てわかる、光る

  • フラッシュ、点滅、点灯、レーザー光、反射光を利用する。
    図1:フラッシュ・点滅・点灯・レーザー光・反射光など

ポイント2:聞いてわかる(音声)

  • 音、メロディー、音声でお知らせする。
    図2:音声や音で知らせる

ポイント3:大きな文字・コントラストをはっきりさせる

  • リモコンなどのテンキーボタンの数字を大きく表示したり、強いコントラストの配色で表示する。
    図3:わかりやすいリモコンの見本

ポイント4:絵や図をつける

  • 操作ボタンを絵や図で表示する。
    図4:絵や図の表記されたボタンの見本

ポイント5:点字をつける

  • ヘッドホンの右左を点字で表示する。
    図5:点字により識別が可能なヘッドホン

ポイント6:凹凸部(エンボス)をつける

  • テンキーの「5」ボタンの突起。
    図6:「5」ボタンに付いた突起
  • エンボスの文字。
    図7:凹凸のある文字
  • オセロのこまの黒面の溝。
    図8:黒い面に溝のついたオセロの駒
  • エンボスの矢印。
    図9:凹凸のある矢印
  • スイッチの突起。
    図10:「オン」ボタンに付いた突起

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます