現在位置 ホーム 広報活動 情報誌『インクル』No.49
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

情報誌『インクル』バックナンバー

会員の方へお送りしております。
作る人と使う人の共用品情報誌です。

No.49 / 2007年(平成19年)7月25日

情報誌『インクル』表紙
 
目次/Contents ページ
第8回 法人賛助会員活動報告会
アクセシブルデザインの未来を考えるシンポジウム開催(高嶋健夫)
2
2005年度共用品市場規模調査
前年比9.6%増の2兆8912億円に
映像機器、家電製品が2年連続の高い伸びを牽引(凌竜也)
4
優しさから栄養をもらえる共用社会へ(高橋玲子) 6
ISO、「包装・容器」の国際規格作成提案を承認(星川安之) 8
「2007日韓中産業交流会」(ソウル)に共用品を出展(金丸淳子) 9
〈この業界・この団体〉(社)日本作業療法士協会
“福祉用具の専門作業療法士を育成”(高嶋健夫)
10
〈随想〉私と共用品第28回
手話が平凡な主婦にくれたたくさんの出会い(信井洋子)
11
子供たちに「使いやすさを広めたい!」
NHK「道徳ドキュメント」、共用品をテーマにした番組を放映(森川美和)
12
〈キーワードで考える共用品講座〉第48講
中小・ベンチャー企業支援とバリアフリー(下)(後藤芳一)
14
〈事務局長だより〉
アンコとミソ、柏餅の見分け方は?(星川安之)

共用品通信
15
〈わが社のエース〉
(株)エポック社「シルバニアファミリー」
遊び方いろいろ、大人も楽しめる共遊玩具(高嶋健夫)

奥付
16

本文ここまで
文字の大きさを変更できます