現在位置 ホーム 広報活動 情報誌『インクル』No.60
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

情報誌『インクル』バックナンバー

会員の方へお送りしております。
作る人と使う人の共用品情報誌です。

No.60 / 2009年(平成21年)5月25日

情報誌『インクル』表紙
 
目次/Contents ページ
〈速報〉2007年度共用品市場規模調査
映像機器の伸びで、前年比8.0%増の3兆2439億円に
新たな“指標作り”検討の時期(凌竜也)
2
弱視の子供たちにも見やすい『共用品って、何だろう?』
大きな活字、イラストや色遣いにもひと工夫(金丸淳子)
6
全国の特別支援学校に共用品教材セットを送付
子供の頃から知っておきたい「標準化された共用品の工夫」(森川美和)
8
全国脊髄損傷者連合会が啓発DVD『TOMORROW』を制作(高嶋健夫) 9
〈随想〉私と共用品第38回
秋岡芳夫さんとグレーゾーンと椅子作りの話(光野有次)
10
共用品推進機構の平成21年度事業計画
国内外の標準化、普及・啓発、人材育成が重点分野(森川美和)
11
「コミュニケーション支援ボード」の新バージョン
交通エコモ財団、携帯版など2タイプを作成(竹島恵子)
12
4月2日は「世界自閉症啓発デー」
日本自閉症協会などがさまざまなイベント開催(森川美和)
13
〈キーワードで考える共用品講座〉第58講
「共用品の国際展開(中)」(後藤芳一)
14
〈事務局長だより〉
今日までの10年と今後の10年(星川安之)

共用品通信
15
〈わが社のエース〉
(株)バンダイ「それいけ!アンパンマン レッツトライパジャマ」
“キャラクター&色合わせ”で、自分で着れて、上手にたためる!(高嶋健夫)

奥付
16

本文ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます