現在位置 ホーム 広報活動 情報誌『インクル』No.71
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

情報誌『インクル』バックナンバー

会員の方へお送りしております。
作る人と使う人の共用品情報誌です。

No.71 / 2011年(平成23年)3月25日

情報誌『インクル』表紙
 
目次/Contents ページ
「凸記号」がISO国際規格として発行
日本提案のアクセシブルデザイン標準化、着々と(水野由紀子)
2
『「アクセシブルデザイン」ってなに?』
経済産業省、JISパンフレットを発行(岡﨑梨枝)
3
「アクセシブルデザイン・シンポジウム2011」開催
標準化、障害者施策、家電・ガス機器のAD配慮などを報告(高嶋健夫)
4
第2回世界点字協議会(WBC)会議
点字表示のISO国際標準化に協力を要請(水野由紀子)
6
〈随想〉私と共用品第49回
「自分にできること」を問い掛けられて(山川良子)
7
「社会環境や交通機関の整備」を強く要望
日本リウマチ友の会、『2010年リウマチ白書』刊行(高嶋健夫)
8
〈ニュース&トピックス〉
東京商工会議所/(有)完装(高嶋健夫)
9
〈キーワードで考える共用品講座〉第66講<
共用品という思想(その1:不便さ対応とレベル)(後藤芳一)
10
〈事務局長だより〉
「感心」と「疑問」を繰り返して(星川安之)

共用品通信
11
〈わが社のエース〉
(株)タカラトミー 「おやすみ絵本シアター」
耳ざわりの良い“優しい音”でページ送りをお知らせ(高嶋健夫)

奥付
12

本文ここまで
文字の大きさを変更できます