現在位置 ホーム 広報活動 情報誌『インクル』No.76
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

情報誌『インクル』バックナンバー

会員の方へお送りしております。
作る人と使う人の共用品情報誌です。

No.76 / 2012年(平成24年)1月25日

情報誌『インクル』表紙
 
目次/Contents ページ
2012年 年頭ご挨拶(鴨志田厚子) 2
〈随想〉私と共用品第54回
真のボランティアから生まれた共用品思想(大熊由紀子)
3
特集先駆的な共用サービスの分野の紹介
「字幕つき」テレビCMの定常化をめざして(林佳文)
4
「演劇結社ばっかりばっかり」と、公演「キョウヨウコウザ」について(美月めぐみ) 6
映画のバリアフリー化を目指して(菅谷百合子) 8
視覚に障害のある方の取扱い説明書(上野目玲子) 9
KOKUYO DESIGN AWARDとユニバーサルデザインのとりくみについて(下野由美子) 10
点字サインの国際標準化への取り組みはじまる
国際会議に参加して(青松利明)
12
海外事例紹介
スウェーデンのアクセシビリティ・データベース(松岡光一)
13
〈キーワードで考える共用品講座〉第70講
共用品という思想(その5:次世代に伝えること)(後藤芳一)
14
〈事務局長だより〉
日本人の選択方法と共用品(星川安之)

共用品通信
15
〈わが社のエース〉
株式会社図書館流通センター
指定管理業務で新宿区立戸山図書館を運営管理(金丸淳子)

奥付
16

本文ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます