現在位置 ホーム 調査報告・標準化 ガイドライン
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

ガイドライン

現在、以下のガイドラインが公開されています。

 

「より多くの人が参加しやすい展示会ガイド」

表紙画像 より多くの人が参加しやすい展示会ガイド作成実行委員会(以下、実行委員会という。)は、主に展示会の主催者・出展者に利用していただくため、展示会に来場する高齢者・障害のある人たちへの配慮を記載した「より多くの人が参加しやすい展示会ガイド」を作成しました。 作成に関しましては、2009年(平成21年)11月より、ガイド作成のための準備会議を立ち上げ、展示会の業界団体、規格作成団体の方に参加していただき、原案作りを始めました。 2010年(平成22年)4月には、実行委員会が発足し、新たに、障害者団体、学識経験者が加わり、準備会議で作成した展示会ガイドの内容にして検討して参りました。 今後開催される展示会が、より多くの人に楽しんで頂けることを目的にしております。 是非、ダウンロードしてご活用くださいますよう、お願い申し上げます。

より多くの人が参加しやすい展示会ガイド作成実行委員会
事務局:公益財団法人 共用品推進機構


※……両面印刷して左綴じにすることで冊子としてご活用いただけます。

 

「みんなの会議(アクセシブルミーティング)」

表紙画像 会議には、家族、クラス、町内会議などの身近なものから、学会、国会、国際会議など大規模なものまで、いろいろなものがあります。
参加者が一緒になって考え、話し合うことで、課題を解決したり、良い事をずっと続けていくための決め事を作ったり……。会議にはそれぞれの目的があります。
それらの会議に、今まで参加しづらかった人たちが参加できるようになれば、これまで以上に活発な議論が交わされ、新しい発想からのアイデアも出るのではないでしょうか。
けれども、みんなが参加でき、みんなが考えられる会議を行うためには、ちょっとした配慮や工夫が必要になってきます。
この冊子では、障害のあるなし、年齢の高低に関わらず、より多くの人が参加できる『アクセシブルミーティング』という視点から、どうすれば「みんなの会議」ができるかについて考えてみました。


問い合せ先:公益財団法人 共用品推進機構
金丸(かなまる)・星川 jimukyoku@kyoyohin.org
TEL: 03-5280-0020 FAX: 03-5280-2373


本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます