現在位置 ホーム 調査報告・標準化 国内標準化 アクセシブルデザイン関連JIS・聴覚的配慮
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

アクセシブルデザイン関連JIS・聴覚的配慮

アクセシブルデザイン関連JIS(2011年11月現在 33規格)

聴覚的配慮(2)
 

聴覚的配慮
5. JIS S 0013
「高齢者・障害者配慮設計指針―消費生活製品の報知音」
Guidelines for the elderly and people with disabilities -- Auditory signals on consumer products
視覚障害者、視力及び聴力の衰えが見られる高齢者をはじめとする使用者が、消費生活製品を使用する際、操作のフィードバックや、製品の状態などを知らせるための情報伝達の手段として用いる報知音について規定。
6. JIS S 0014
「高齢者・障害者配慮設計指針―消費生活製品の報知音―妨害音及び聴覚の加齢変化を考慮した音圧レベル」
Guidelines for the elderly and people with disabilities -- Auditory signals on consumer products -- Sound pressure levels of signals for the elderly and in noisy conditions
視覚障害者、加齢に伴う視力及び聴力の衰えが見られる高齢者をはじめとする消費生活製品の使用者にとって適切な大きさに聞き取れる報知音の音圧レベルの範囲を、妨害音の有無を考慮して設定するための指針(推奨事項)について規定。

─ 3 ─

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます