現在位置 ホーム 調査報告・標準化 国内標準化 アクセシブルデザイン関連JIS・触覚的配慮
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

アクセシブルデザイン関連JIS・触覚的配慮

アクセシブルデザイン関連JIS(2011年11月現在 33規格)

触覚的配慮(7)
 

触覚的配慮
7. JIS S 0011
「高齢者・障害者配慮設計指針―消費生活製品の凸記号表示」
Guidelines for all people including elderly and people with disabilities -- Marking tactile dots on consumer products
消費生活用製品の電気操作スイッチをもつ様々な消費生活製品の操作部に視覚障害者や視力の衰えが見られる高齢者をはじめとするすべての使用者の操作性を向上することを目的として付す凸記号表示を表示する場合の指針について規定。
8. JIS T 0921
「高齢者・障害者配慮設計指針―点字の表示原則及び点字表示方法―公共施設・設備」
Guidelines for all people including older persons and persons with disabilities -- Methods of displaying braille sign -- Public facility
視覚障害者が、公共施設・設備(乗り物などを含む。)及び公共的空間を利用し移動する場合、安全、かつ、円滑に行動できるために、施設・設備の利用・操作方法などの情報伝達手段として用いる点字の表示原則及び点字表示方法について規定。
9. JIS T 0922
「高齢者・障害者配慮設計指針―触知案内図の情報内容及び形状並びにその表示方法」
Guidelines for older persons and persons with disabilities -- Information content, shapes and display methods of tactile guide maps
不特定多数の人が利用する施設・設備及び移動空間を視覚障害者が安全で、かつ、円滑に移動できるように、施設・設備及び移動空間の位置情報を提示する触知案内図の情報内容及び形状並びにその表示方法について規定。
10. JIS X 6310
「プリペイドカード― 一般通則」
Prepaid cards -- General specifications
プリペイドカードの一般通則について規定。
11. JIS S 0052
「高齢者・障害者配慮設計指針―触覚情報―触知図形の基本設計方法」
Guidelines for older persons and persons with disabilities -- Tactile information -- Basic design methods for tactile patterns
交通機関・移動用機器(電車,エレベータなど)、公共サービス機器(ATM、自動販売機など)、住宅設備(ドア,手すりなど)、包装・容器及び消費生活製品(家電製品など)において、視覚障害者を含むより多くの人々のために、情報伝達手段として用いられる触知図形の種類、サイズ、線幅、高さ、断面形状などを人間の触覚の基本特性、加齢変化及び触知経験の影響を考慮して、適切に設計するための基本的方法について規定。
12. JIS T 0923
「高齢者・障害者配慮設計指針―点字の表示原則及び点字表示方法―消費生活製品の操作部」
Guidelines for older persons and persons with disabilities -- Methods of displaying braille sign -- Consumer products
-
13. JIS T 9253
「紫外線硬化樹脂インキ点字─品質及び試験方法」
Performance and test method of ultraviolet ray hardening resinous braille
紫外線硬化樹脂インキを用い、スクリーン印刷方式によって、紙、プラスチック、金属板などの上に印刷される点字の品質及び試験方法について規定。

─ 4 ─

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます