現在位置 ホーム 調査報告・標準化 国内標準化 アクセシブルデザイン関連JIS・包装・容器
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

アクセシブルデザイン関連JIS・包装・容器

アクセシブルデザイン関連JIS(2011年11月現在 33規格)

包装・容器(5)
 

包装・容器
14. JIS S 0021
「高齢者・障害者配慮設計指針―包装・容器」
Guidelines for standards developers to address the needs of older persons and persons with disabilities
消費生活製品の包装・容器(袋を含む。)について握力の低下又は視力の衰えが見られる高齢者、視覚障害者を含むすべての人に対し、使用における識別性、使用性の向上を目的として配慮する設計指針について規定。
15. JIS S 0022
「高齢者・障害者配慮設計指針―包装・容器―開封性試験方法」
Guidelines for all people including elderly and people with disabilities -- Packaging and receptacles -- Test methods for opening
握力の低下が見られる高齢者を含むすべての人が使用するJIS S 0021に規定する消費製品の包装・容器(袋を含む。)の開封性を試験する方法について規定。
16. JIS S 0022-3
「高齢者・障害者配慮設計指針―包装・容器―触覚識別表示」
Guidelines for older persons and persons with disabilities -- Packaging and receptacles -- Tactile indication for identification
消費生活用製品の購入から分別及び排出までの日常の活動において、視覚障害者をはじめ多くの人々が、製品を間違いなく識別できるようにするため、包装・容器に触覚識別表示を付けるときの配慮すべき設計指針について規定。
17. JIS S 0022-4
「高齢者・障害者配慮設計指針―包装・容器―使用性評価方法」
Guidelines for older persons and persons with disabilities -- Packaging and receptacles -- Evaluation method by user
高齢者及び障害のある人々を含む多くの人の立場で、消費生活用製品の包装・容器の購入から分別・排出までの各段階における、使用性を評価するための方法について規定。
18. JIS S 0025
「高齢者・障害者配慮設計指針―包装・容器―危険の凸警告表示―要求事項」
Guidelines for all people including elderly and people with disabilities -- Packaging and receptacles -- Tactile warnings of danger -- Requirements
法規に定められた危険な物質及び調製物を入れた包装のうち、日常生活において人が直接触れるものに対し、危険の凸警告表示に関する要求事項について規定。薬事法の対象となる製品(人を守るための家庭用殺虫剤、家屋を守るための殺虫剤、殺そ剤、き避剤を除く。)には適用しない。

─ 5 ─

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
文字の大きさを変更できます