現在位置 ホーム 調査報告・標準化 国内標準化 コミュニケーション支援用絵記号デザイン原則(JIS T0103)
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

コミュニケーション支援用絵記号デザイン原則(JIS T0103)

収載されている絵記号例の公開無償ダウンロードについて

経済産業省は、2005年(平成17年)4月20日に、「コミュニケーション支援用絵記号デザイン原則(JIS T0103)」の規格を制定しました。
この規格は、文字や話し言葉によるコミュニケーションの困難な人が、自分の意思や要求を相手に的確に伝え、正しく理解してもらうことを支援するための絵記号に関する日本工業規格(JIS)です。
なお、関係する各方面からのご要望を受け、規格の一部である絵記号例を、本ウェブサイトにおいて公開、無償ダウンロードができるようにして、絵記号を活用していただきやすくしました。現在300ほどの絵記号例がありますが、今後さらに増え、より円滑なコミュニケーションの一助となることを望みます。

日本工業標準調査会(JISC)

工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化全般に関する調査・審議をおこなっている機関です。JISCは、高齢者・障害者配慮関係のJISも今までに十数点調査・審議しており、当機構もJIS原案作成に協力しています。

「コミュニケーション支援用絵記号デザイン原則」規格に関する参考情報

  1. 文字や話し言葉によるコミュニケーションの困難な人が、自分の意思や要求を相手に的確に伝え、正しく理解してもらうことを支援するための絵記号に関する規格です。
  2. 規格では、絵記号を描く際の基本形状(線と面での表現、物を正面、真横、斜め方向からとらえた表現等)、作図原則(既存の絵記号との整合性、主題の明確化等)を規定し、描きやすく、伝えたい内容が理解されやすい絵記号を描くためのルールを示しています。
  3. 規格に掲載されている絵記号は、日本PIC研究会が、知的障害の方々のコミュニケーション支援を目的として作成収集していたものを参考にしています。
  4. 絵記号はコミュニケーションを支援する手段の一つであり、情報の伝達能力が高く、日常生活におけるコミュニケーションのバリアを低くするものとして期待されます。また、言語に拠らないため、今後世界各国で共通に使用できる可能性もあります。
  5. 「コミュニケーション支援用絵記号デザイン原則」(JIS T0103)の規格本文は、財団法人日本規格協会(JSA)より購入することができます。
    JSA Web Store http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/top/index.jsp
  6. 規格の絵記号作成に関しては、経済産業省が絵記号作成者、財団法人日本規格協会が規格作成機関としての権利を有しています。

絵記号ダウンロード

収載ファイルA はAdobe社のIllustrator形式(.ai)、収載ファイルB はjpeg形式(.jpeg)となっています。各ファイルは ZIP形式(.zip)で圧縮していますので、解凍してお使いください。

大分類項目 中分類項目 収載ファイルA(Illustrator) 収載ファイルB (jpeg)
人・動物 人物 100101.ai 100101.jpeg
職業 100102.ai 100102.jpeg
身体 100103.ai 100103.jpeg
動物 100104.ai 100104.jpeg
動き・様子 感情・感覚 200201.ai 200201.jpeg
状態・様子 200202.ai 200202.jpeg
基本動作 200203-1.ai 200203-1.jpeg
基本動作 200203-2.ai 200203-2.jpeg
行動・行為 200204-1.ai 200204-1.jpeg
行動・行為 200204-2.ai 200204-2.jpeg
飲食物 食べ物
飲み物
その他
300301-303.ai 300301-303.jpeg
家の中(身の回り) 住まい 400401.ai 400401.jpeg
家具・家電 400402.ai 400402.jpeg
衣料・携帯品 400403.ai 400403.jpeg
文具・がん具 400404.ai 400404.jpeg
道具・日用品 400405.ai 400405.jpeg
家の外 乗り物・交通 500501.ai 500501.jpeg
街・施設 500502.ai 500502.jpeg
自然・植物
天候・天文
500503-504.ai 500503-504.jpeg
文化・社会 日時・行事
教育・学校
芸術・娯楽
社会・その他
600601-604.ai 600601-604.jpeg

本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます