現在位置 ホーム 調査報告・標準化 共用品市場規模調査
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

共用品市場規模調査

(2019年度実施調査)

調査対象とした各品目の合計値にみる2018年度の共用品市場規模金額は、3兆455億円と推計され、前年比で2.3%(680億円)増となり、2011年度以来、7年ぶりに3兆円を超える金額となった。
上位品目の動向をみると、「家庭電化機器(10,614億円:+3.6%、372億円増」は、今回も継続して金額を増やした。主力のルームエアコンが猛暑の影響などで大きく出荷額を伸ばし、冷蔵庫、洗濯機等の主力成否にも 引き続き大容量製品を中心に需要が伸び、堅調に推移したことが背景と考えられる。

市場規模報告書は以下からダウンロードできます


本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
文字の大きさを変更できます